コビトイトカケ Epitonium liliputanum small

Species 学名 Epitonium liliputanum (A. Adams, 1861)
和名
Japanese name
Common name
コビトイトカケ
KOBITO-ITOKAKE
Wentletraps
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
PTENOGLOSSA
翼舌目
Group
グループ
イトカケガイ
Wentletraps
Super Family / Family
科目
EPITONIIDAE
イトカケガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Epitonium ()
オオイトカケ ()
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
Off Kushimoto-Cho, S Wakayama. Dredged between 100m deep.
和歌山県南部串本町沖 ドレッジ100m深
DISTRIBUTION
分布
Boso Peninsula and Noto Peninsula to Taiwan.
房総半島、能登半島から九州、台湾
HABITAT
生息場所
Sandy bottoms, 50-100m deep.
50-200m深の砂底
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
SH: 10mm
中国名 : 球鍬形海?螺

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物 346
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑 331
Last modified on 2023年01月21日21/01/2023