ミヤビマキギヌ Monotygma amoena small

Species 学名 Monotygma amoena (A. Adams, 1853)
和名
Japanese name
Common name
ミヤビマキギヌ
MIYABI-MAKIGINU
Pyrams
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
HETEROSTROPHA
異旋目
Group
グループ
トウガタガイ
Pyrams
Super Family / Family
科目
PYRAMIDELLIDAE
トウガタガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Monotygma ()
()
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
Nagoya Port, Nagoya City, Aichi in 1970s.
愛知県名古屋市名古屋港 1970年代
DISTRIBUTION
分布
Off Owase to Philippines
尾鷲沖からフィリピン
HABITAT
生息場所
Sandy mud bottoms, 10-60m deep.
10-60m深の砂泥底
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
SH: 10mm
ホソマキギヌに似るが、やや太く点刻状の螺溝間が広い。次体層から上の層が膨れる。

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物 392
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑 731
Last modified on 2023年01月21日21/01/2023