コガタビナルヤマイトカケ (仮称) Nodulia vignalensis pallens small

Species 学名 Nodulia vignalensis pallens C. Torre & Bartsch, 1972
和名
Japanese name
Common name
コガタビナルヤマイトカケ (仮称)
KOGATA-BINARU-YAMAITOKAKE
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
STYLOMMATOPHORA
柄眼(マイマイ)目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
UROCOPTIDAE
オオサナギヤマイトカケ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Nodulia ()
()
COUNTRY
CUBA
キューバ
LOCALITY
採集場所
Vinales, Pinar del Rio, Cuba. On limestone. 1987.
キューバ ピナ・デル・リオ州ビニャーレス 石灰石の上 1987年
DISTRIBUTION
分布
CUBA
キューバ
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 17mm
ビナルヤマイトカケより一回り小型で、やや丸っこい。
=Urocoptis vignalensis pallens
原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2023年01月21日21/01/2023