ウネサナギヤマイトカケ (仮称) Autocoptis arcuata small

Species 学名 Autocoptis arcuata (Weinland & E. von Martens, 1859)
和名
Japanese name
Common name
ウネサナギヤマイトカケ (仮称)
UNE-SANAGIYAMA-ITOKAKE
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
STYLOMMATOPHORA
柄眼(マイマイ)目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
UROCOPTIDAE
オオサナギヤマイトカケ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Autocoptis ()
サナギヤマイトカケガイ ()
COUNTRY
HAITI
ハイチ
LOCALITY
採集場所
Gran Anse, Haiti. On limestone 2017.
ハイチ南西グランダンス県石灰岩の壁の上 2017年
DISTRIBUTION
分布
HAITI
ハイチ
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 20mm
サナギヤマイトカケガイ属の特徴である、殻中ほどが膨れる樽型。白地に、ウネのある放射肋をめぐらす。各層はやや膨れ、殻底部にはやや鋭い稜がある。

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2023年01月21日21/01/2023