Species 学名 Duplicaria raphanula deynzerorum var. Sprague, 2004
和名
Japanese name
Common name
フトミガキトクサ (仮称)
FUTO-MIGAKI-TOKUSA
Auger Shells
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
NEOGASTROPODA
新腹足目
Group
グループ
タケノコガイ
Auger Shells
Super Family / Family
科目
TEREBRIDAE
タケノコガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Duplicaria ()
シロオビトクサ ()
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
EBISU-Sone, Off Henna-zaki, Miyako Island, Okinawa. 140-200m deep.
沖縄県宮古島平安名岬沖 えびす曽根140-200m深
DISTRIBUTION
分布
Okinawa to Philippines
沖縄以南からフィリピン
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 26mm
ミガキトクサガイの一型で、縦肋が荒く螺層も少し膨れる個体で、多分深場のform

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells 276
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑 671
Last modified on 2022年11月27日27/11/2022