Species 学名 Maxacteon flammeus (Gmelin, 1791)
和名
Japanese name
Common name
アカフキジビキガイ
AKAFU-KIJIBIKI-GAI
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
CEPHALASPIDEA
頭楯(ブドウガイ)目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
ACTEONIDAE
オオシイノミガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Maxacteon ()
()
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
Off Miyako Island, Okinawa.
沖縄県宮古島沖
DISTRIBUTION
分布
Sagami Bay to Philippines, W. Pacific.
相模湾以南、フィリピン、西太平洋域
HABITAT
生息場所
Clear sandy bottoms, 10-50m deep.
10-50m深の細砂底
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 17mm
 キジビキガイに似るが、軸唇が太く、軸ヒダが強い。
= Acteon flammeus (Gmelin, 1791)

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物 393
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑 733
Last modified on 2022年11月27日27/11/2022