ステラマリスチグサ (仮称) Agagus stellamaris small

Species 学名 Agagus stellamaris Herbert, 1991
和名
Japanese name
Common name
ステラマリスチグサ (仮称)
SUTERA-MARISU-CHIGUSA
Top Shells
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
VETIGASTROPODA
古腹足目
Group
グループ
ニシキウズガイ
Top Shells
Super Family / Family
科目
TROCHIDAE
ニシキウズガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Agagus ()
()
COUNTRY
Kenya
ケニア
LOCALITY
採集場所
Shimoni, southeastern Kenya.
ケニア南東部シモニ
DISTRIBUTION
分布
Eastern Africa
南アフリカ東部から東部アフリカ
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
SH: 10x10mm
円錐状の小型のチグサガイ類で臍孔は深く開く。Agagus agagusに似るが、臍孔付近が黄色に彩られ、縫合上部付近の螺肋は強くキール状になり、細かく縦に刻まれる。キール部分がコブ状に出る個体もある。

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells N
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS N
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024