セロティナレイシダマシ (仮称) Orania serotina small

Species 学名 Orania serotina (A. Adams, 1853)
和名
Japanese name
Common name
セロティナレイシダマシ (仮称)
SEROTINA-REISHI-DAMASHI
Oyster Drills
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
NEOGASTROPODA
新腹足目
Group
グループ

Oyster Drills
Super Family / Family
科目
MURICIDAE
アクキガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Orania ()
ニヨリカキナカセ ()
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
Dredged between Amami Island and Kikai Island, Kagosima. / Makassar, South Sulawesi, Indonesia. In agar, 2015.
鹿児島県奄美大島と喜界島の間 ドレッジ / インドネシア スラウェシ島南部マッカサル 天草漁 2015年
DISTRIBUTION
分布
Okinawa and southward, Japan; Philippines and Indonesia.
沖縄以南; フィリピン、インドネシア
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 16mm(Indonesia), 12mm(Kikai Islands)
約8層、縦肋が7-9本程度、強弱のある密な螺肋は、縫合下でやや大きくなる。殻口内は薄い赤紫で内唇と軸唇に細かい歯状突起で刻まれる。殻頂付近はやや紫がかる。縫合下などに濃い赤紫の色彩を帯びる個体もある。アラビア湾には、ややずんぐりして、赤紫の色帯をめぐらすOrania xuthedra がある。

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物 N
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells N
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS N
日本近海産貝類図鑑 N
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024