Species 学名 Bahiensis ciaranus (Dohrn, 1882)
和名
Japanese name
Common name
シアラオニグチギセル (仮称)
SHIARA-ONIGUCHI-GISERU
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
STYLOMMATOPHORA
柄眼(マイマイ)目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
ODONTOSTOMIDAE
オニグチギセル科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Bahiensis ()
()
COUNTRY
BRAZIL
ブラジル
LOCALITY
採集場所
Camocim, Ceara State, Brasil. On cactus in dry area. 2015
ブラジル東部セアラー州北部乾燥地帯のサボテンの上 2015年
DISTRIBUTION
分布
Brazil(Ceara)
ブラジル東部セアラー州
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 22mm
薄い殻で小型のオニグチギセルの仲間で、約9層。ベージュがかった殻色にごく弱い成長脈があり、茶色の不規則な縦筋模様がある。外唇の体層接合部分付近に白い筋模様があり、外唇殻口付近が黒く染まります。
Land and Freshwater Molluscs of Brazil p.168 #587
原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells N
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2022年11月27日27/11/2022