ホソカゴメベッコウバイ Prodotia lannumi small

Species 学名 Prodotia lannumi (Schwengel, 1950)
和名
Japanese name
Common name
ホソカゴメベッコウバイ
HOSOKAGOME-BEKKOUBAI
Latirus Shells
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
NEOGASTROPODA
新腹足目
Group
グループ
ツノマタガイ
Latirus Shells
Super Family / Family
科目
BUCCINIDAE
エゾバイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Prodotia ()
(カゴメベッコウバイ)
COUNTRY
Philippines
フィリピン
LOCALITY
採集場所
Masbate Island, central Philippines. Dredged in 2016./Kwajalein Atoll, Marshall Islands. Night diving, 2017.
フィリピン中部 マスバテ島ドレッジ 2016年 / マーシャル諸島 クワジェリン環礁 ナイトダイビング 2017年
DISTRIBUTION
分布
Okinawa to Philippines, Hawaii.
沖縄からフィリピン、ハワイ
HABITAT
生息場所
Subtidal to 20m deep.
潮下帯から20m深
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 20mm
Australian Marine Shells fig.23 a-b がホソカゴメベッコウバイ; cはカゴメホラダマシ
= Prodotia gracilis (Reeve, 1846)
沖縄の海の貝・陸の貝 Molluscs of Okinawa Hirofumi KUBO & Taiji KUROZUMI, 1995 p.100 #9
原色日本貝類図鑑 N
続原色日本貝類図鑑 N
学研生物図鑑 貝 N
生物大図鑑 貝類 N
日本及び周辺地域産軟体動物 N
原色世界貝類図鑑 1 N
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells N
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS 33270
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024