アンボイナベッコウマイマイ (仮称) Macrochlamys amboinensis small

Species 学名 Macrochlamys amboinensis E.C. Von Martens, 1864
和名
Japanese name
Common name
アンボイナベッコウマイマイ (仮称)
ANBOINA-BEKKOU-MAIMAI
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
STYLOMMATOPHORA
柄眼(マイマイ)目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
ARIOPHANTIDAE
マラッカベッコウマイマイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Macrochlamys ()
()
COUNTRY
PHILIPPINES
フィリピン
LOCALITY
採集場所
Iligan, Mindanao, Philippines in 2013. /Near Makassar, South Sulawesi, Indonesia. 2016.
フィリピンミンダナオ島ラナオ湖北イリガン 2013年 / インドネシア スラウェシ島南部マッカサル近郊 2016年
DISTRIBUTION
分布
INDONESIA(Java and Maluku); Thailand; Vietnam
インドネシア(ジャワ、マルク); タイ; ベトナム
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Width 20mm
 Macrochlamys crebristriatus に似るが、縫合下にシワが出るところから、インドネシアからタイ、ベトナムに生息するこの種と推定しました。

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024