ナンベイスエモノガイ Asthenothaerus rushii small

Species 学名 Asthenothaerus rushii (Pilsbry, 1897)
和名
Japanese name
Common name
ナンベイスエモノガイ
NANBEI-SUEMONO-GAI
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
PHOLADOMYOIDA
ウミタケモドキ目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
THRACIIDAE
スエモノガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Asthenothaerus ()
()
COUNTRY
URUGUAY
ウルグアイ
LOCALITY
採集場所
La Paloma Rocha, Uruguay. On rocks in shallow water. 1981.
ウルグアイ ラ・パロマ ロチャ 浅海の岩礁 1981年
DISTRIBUTION
分布
Brazil to Argentina
ブラジルからアルゼンチン
HABITAT
生息場所
2-10m deep.
2-10m深
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
SL: 45x44mm
eburneaは「象牙の」の意 別名:チリメンギンスナゴ
Compendium of Bivalves Vol. 1 p.501
原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells N
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年07月04日04/07/2024