エベレッティラッパガイ (仮称) Gyliotrachela everetti small

Species 学名 Gyliotrachela everetti Smith, 1896
和名
Japanese name
Common name
エベレッティラッパガイ (仮称)
EBERETTI-RAPPAGAI
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
STYLOMMATOPHORA
柄眼(マイマイ)目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
VERTIGINIDAE
キバサナギガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Gyliotrachela ()
()
COUNTRY
INDONESIA
インドネシア
LOCALITY
採集場所
Klumpu, Nusa Penida, SE Bali, Indonesia 2016.
インドネシア バリ南東ヌサ・ペニダ島 クルンクン 2016年
DISTRIBUTION
分布

フローレス海周辺?
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Length 2mm
殻は約4層で赤褐色、縫合は深くくびれ、体層はやや角張る。殻口はラッパ状に前に突き出し、主な歯は5歯で外唇右下に2歯、内唇側下部に1歯、内唇上部に2歯あり、そのうち右側の歯は縁まで達する。

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024