Species 学名 Casmaria erinaceus vibex (Linnaeus, 1758)
和名
Japanese name
Common name
トゲナシヒナヅル (仮称)
TOGENASHI-HINAZURU
Helmet shells
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
DISCOPODA
盤足目
Group
グループ
トウカムリ
Helmet shells
Super Family / Family
科目
CASSIDAE
トウカムリ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Casmaria ()
()
COUNTRY
Philippines
フィリピン
LOCALITY
採集場所
Punta Engano, Mactan Island, Philippines. 1986 / Off Kushikino, Kagoshima. Shrimp gill nets 30m deep. October 1953. / Near Kuching, Sarawak, Malaysia. Shallow water on reefs. 2013. / Dredged near western Jawa Island, Indonesia. 2016.
フィリピン マクタン島 プンタ・エンガノ1986年/鹿児島県串木野沖 30m深 エビ刺し網 1953年10月/ マレーシア サラワク州クチン近郊の浅海リーフ上 2013年 / インドネシア ジャワ島西部近海ドレッジ 2016年
DISTRIBUTION
分布

紀伊半島以南のインド・太平洋域
HABITAT
生息場所
Shallow water.
浅海
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 50mm
なで型で体層に瘤状突起が出ないform。淡黄褐色の個体が多い。和名は加藤重富氏より
= Phalium vibex (Linnaeus, 1758)

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2022年11月27日27/11/2022