Microshells
Species 学名 Buccinum kashimanum Okutani, 1964
和名
Japanese name
Common name
カシマナダバイ
KASHIMA-NADA-BAI
カシマナダバイ Buccinum kashimanum
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
GASTROPODA PROSOBRANCHIA NEOGASTROPODA
腹足綱 前鰓亜綱 新腹足目
Group
グループ
Buccinum Whelks
エゾバイ
Super Family / Family
科目
MURICOIDEA BUCCINIDAE BUCCININAE
アクキガイ超科 エゾバイ科 エゾバイ亜科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Buccinum ()
エゾバイ ()
COUNTRY
Japan
日本
LOCALITY
採集場所
Off Cape Erimo, S Hokkaido. Deepwater gillnets, 500-600m deep.
北海道南部襟裳岬沖 深海刺し網 500-600m深
DISTRIBUTION
分布

HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Buccinum kashimana
Height 98mm
旧 : シンカイエゾバイの仲間 未詳 殻は薄く割れやすい。殻色や螺肋の数などの変異がある。殻皮はやや緑がかった薄い黄土色で、殻色は白、薄い黄色、赤紫がある。体層部に約8本の螺肋があり、その間にも細い螺溝がある。変異が激しい種で、これも多分その一型だと思う。学名読み: バチナム(ブシナム)・カシマナン
Last modified on 2017/04/22
BIBLIOGRAPHY
原色日本貝類図鑑
N
続原色日本貝類図鑑
N
学研生物図鑑 貝
N
生物大図鑑 貝類
N
日本及び周辺地域産軟体動物
234
原色世界貝類図鑑 1
N
原色世界貝類図鑑 2
N
Compendium of Seashells
N
Compendium of Landshells
N
Australian MARINE SHELLS
N
日本近海産貝類図鑑
499

HOME

Foot note : This page is bilingual : English / Japanese