ウキビシガイ Clio pyramidata small

Species 学名 Clio pyramidata Linnaeus, 1767
和名
Japanese name
Common name
ウキビシガイ
UKIBISI-GAI
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
THECOSOMATA
有殻翼足目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
CLIOIDAE
ウキビシガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Clio ()
()
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
Off Cape Shiono, Kushimoto Town, Wakayama Dredged between 160m deep. October 10 in 1980s? by Seiji NAGAI. / Sabase, Mugi-cho, Tokushima. 1992.
和歌山県串本町潮岬沖 160m深 砂礫底 10月10日 33°25.33.33'N, 135°46.38E - 25.35'N, 46.95'E 永井誠二氏採集 / 徳島県牟岐町鯖瀬 1992年
DISTRIBUTION
分布
World wide temperate and tropical water area.
黒潮水域を含む世界の温・熱帯海域
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Length 8mm
左右突出部の張り出した型はヒロウキビシ Clio pyramidata lanceolata (C.A. Lesueur, 1813) =Clio pyramidata forma lata Boas, 1886

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物 420
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑 775
Last modified on 2023年03月19日19/03/2023