チイサホソオカチョウジガイ (仮称) Opeas pumilum small

Species 学名 Opeas pumilum (Pfeiffer, 1840)
和名
Japanese name
Common name
チイサホソオカチョウジガイ (仮称)
CHIISA-HOSO-CHOUJIGAI
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
STYLOMMATOPHORA
柄眼(マイマイ)目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
SUBULINIDAE
オカクチキレ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Opeas ()
()
COUNTRY
HUNGARY
ハンガリー
LOCALITY
採集場所
Budapest, Hungary in March 23, 1980.
ハンガリー ブダペスト 1980年 3月23日
DISTRIBUTION
分布
Central America to Europe, S.E. Asia, Africa
中部アメリカからヨーロッパ、東南アジア、アフリカ
HABITAT
生息場所
Tropical forest
熱帯林
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 8mm
原産地はキューバあたりらしいが、ヨーロッパや東南アジアなどm外来種として、温室の植物などを通して各地に移入している。

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物 N
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024