Species 学名 Amphidromus enganoensis Fulton, 1896
和名
Japanese name
Common name
エンガノマレイマイマイ
ENGANO-MAREI-MAIMAI
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
STYLOMMATOPHORA
柄眼(マイマイ)目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
CAMAENIDAE
ナンバンマイマイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Amphidromus ()
マレーマイマイ ()
COUNTRY
INDONESIA
インドネシア
LOCALITY
採集場所
Enggano Island, S.W. Sumatra, Indonesia. 2012.
インドネシア スマトラ島南西エンガノ島 2012年
DISTRIBUTION
分布
Indonesia(Enggano Island)
インドネシア(エンガノ島周辺)
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 49mm
色彩変異が多い。約7層で艶のある殻で、体層部が膨れる。左右巻がある。エンガノ島固有種(エンガノ島のすぐそばのDua島には茶色の変異種がいる)

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells 162
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2022年11月27日27/11/2022