ラテンスロマーニャギセル (仮称) Alopia glauca latens small

Species 学名 Alopia glauca latens (Pfeiffer, 1853)
和名
Japanese name
Common name
ラテンスロマーニャギセル (仮称)
RATENSU-rOMANYA-GISERU
Door Snails
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
STYLOMMATOPHORA
柄眼(マイマイ)目
Group
グループ
キセルガイ
Door Snails
Super Family / Family
科目
CLAUSILIIDAE
キセルガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Alopia ()
()
COUNTRY
ROMANIA
ルーマニア
LOCALITY
採集場所
Cheile Bicazului, Carpathian Mts.., Romania. August 6, 1976.
ルーマニア カルパチア山脈 ビカズ近郊 Cheile Bicazului 1976年 8月6日
DISTRIBUTION
分布
ROMANIA
ルーマニア
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 15mm
殻は小型で9層半程度の暗紫褐色。殻表の彫刻は著しく細く細かい成長脈がある。唇縁はやや広く厚く赤みがかったベージュ色。上板は殻口付近まであり、下板も見えるが下軸板は見えない。ルーマニアの産地付近に棲息します。

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024