スリランカアツブタガイ Aulopoma itierii small

Species 学名 Aulopoma itierii (Guerin-Meneville, 1847)
和名
Japanese name
Common name
スリランカアツブタガイ
SURIRANKA-ATSUBUTA-GAI
Cyclophorus
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
ARCHITAENIOGLOSSA
原始紐舌目
Group
グループ
ヤマタニシ
Cyclophorus
Super Family / Family
科目
CYCLOPHORIDAE
ヤマタニシ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Aulopoma ()
スリランカアツブタガイ ()
COUNTRY
Sri Lanka
スリランカ
LOCALITY
採集場所
Madu Ganga, SW coast, Sri Lanka. Under dead leaves in tropical forest. 2008.
スリランカ バドゥーラ近郊 藪の中 2010年 / スリランカ南西マドゥ・ガンガ 2008年
DISTRIBUTION
分布
Sri Lanka
スリランカ
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Width 16mm
4層、殻は固くオレンジピンクの殻表に褐色の斑や帯をめぐらす。蓋は透明で黄色っぽく、縄状にうずまくのがAulopoma属の特徴。スリランカ固有種。
= Aulopoma hofmeisteri Troschel, 1847

= Aulopoma itieri hofmeisteriTroshcel 1847

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells 41
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024