ハシナガトゲニナ Tiphobia horei small

Species 学名 Tiphobia horei E. A. Smith, 1880
和名
Japanese name
Common name
ハシナガトゲニナ
HASHINAGA-TOGEKAWANINA
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
DISCOPODA
盤足目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
THIARIDAE
トウガタカワニナ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Tiphobia ()
()
COUNTRY
Tanzania
タンザニア
LOCALITY
採集場所
Kigoma, Lake Tanganyika, N.W. of Tanzania. 30-40m deep. English name :
タンザニア北西キゴマ タンガニーカ湖 30-40m深
DISTRIBUTION
分布
Tanzania(Lake Tanganyika)
タンザニア(タンガニーカ湖)
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
17世紀後半に宣教と調査団としてタンザニアに行ったEdward Coode Horeがタンガニーカ湖で発見した。アクキガイ科のような棘と形をしたユニークな貝。

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年01月07日07/01/2024