キナノカタベ Angaria sphaerula small

Species 学名 Angaria sphaerula (Kiener, 1839)
和名
Japanese name
Common name
キナノカタベ
KINANO-KATABE
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
VETIGASTROPODA
古腹足目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
TURBINIDAE
リュウテンサザエ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Angaria ()
カタベガイ ()
COUNTRY
MALAYSIA
マレーシア
LOCALITY
採集場所
Kota Kinabalu, Sabah, Borneo, Malaysia. Net, 20-30m deep, January 2005.
ボルネオ島 サバ州コタキナバル 魚網20-30m深 2005年1月
DISTRIBUTION
分布
Philippines; Tropical Indo West Pacific Ocean.
奄美諸島以南; フィリピン;熱帯インド・西太平洋域
HABITAT
生息場所
On rocks, intertidal to 30m deep.
潮間帯から30m深の岩礁
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
SL 54mm
喜納静氏に献名
Shells of the Philippines pl.6 #2, 4

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物 47
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells 51
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024