アツハナザル Trigoniocardia biangulata small

Species 学名 Trigoniocardia biangulata (Broderip & Sowerby, 1829)
和名
Japanese name
Common name
アツハナザル
ATSU-HANAZARU
Cockles
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
VENEROIDA
マルスダレガイ目
Group
グループ
ザルガイ
Cockles
Super Family / Family
科目
CARDIIDAE
ザルガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Trigoniocardia ()
()
COUNTRY
Mexico
メキシコ
LOCALITY
採集場所
Sonora in 1950's.
ソノラ州 1950年代
DISTRIBUTION
分布
Gulf of California to Ecuador.
カリフォルニア湾からエクアドル
HABITAT
生息場所
Intertidal to 170m deep.
潮間帯-170m深
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
殻長約6-7cm。殻は丸く膨れ、やや厚く固い。光沢のある茶色の殻皮をかぶる。後部の強い放射肋に黄褐色の短いトゲを持ち、後背縁は殆ど直線に近い。殻頂は丸い。写真は韓国済州島産(Dr. Kwang-Sik Choi所有)。

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells 229
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年07月04日04/07/2024