Species 学名 Beringius kennicotti (Dall, 1871)
和名
Japanese name
Common name
ヒロナガバイ 広長?
HIRO-NAGABAI
Neptunes
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
NEOGASTROPODA
新腹足目
Group
グループ
エゾボラ
Neptunes
Super Family / Family
科目
BUCCINIDAE
エゾバイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Beringius (Beringion)
ワダチナガバイ (ナガバイ)
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
Off Cape Aniva, Sakhalin.
サハリン アニワ岬(中知床)沖 204m深 砂泥底 1975年10月10日 北緯46度3分東経143度49分
DISTRIBUTION
分布
Okhotsk Sea;Aleutian Islands ; Alaska.
オホーツク海; アリューシャン; アラスカ
HABITAT
生息場所
Mud bottoms, 100-200m deep.
100-200m深の泥底
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
SL: 90mm to 125mm
縦肋のでない型
北太平洋産貝類 North Pacific Shells(by Tiba&Kosuge) 10-17 fig.2
原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物 211
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑 453
Last modified on 2022年11月27日27/11/2022