Microshells
Species 学名 Homalopoma laevigatum (Sowerby III, 1914)
和名
Japanese name
Common name
ミガキザンショウ
MIGAKI-ZANSHO
ミガキザンショウ Homalopoma laevigatum
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
GASTROPODA PROSOBRANCHIA VETIGASTROPODA
腹足綱 前鰓亜綱 古腹足目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
TROCHOIDEA TURBINIDAE HOMALOPOMATINAE
ニシキウズ超科 リュウテンサザエ科 サンショウガイ亜科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Homalopoma ()
サンショウガイ ()
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
Cape Shiono, Wakayama, Japan. Dredged from depth of 200-250m, May 1995. / Bohol, Philippines. / Between off NE Tanegashima Island and Magejima Island, 180-260m deep.
和歌山県串本町潮岬ドレッジ 200-250m深 1995年 5月 / フィリピン ボホール島 / 鹿児島県種子島北東沖から馬毛島の間 180-260m深
DISTRIBUTION
分布
Off Tosa Bay to East China Sea.
土佐沖から東シナ海
HABITAT
生息場所
Depth from 50m to 200m, attached to snags.
50-200m深の沈木等に付着
DESCRIPTION
説明 (Japanese)

SH: 4mm
種子島のサンプルは殻頂付近に顆粒があり、殻底は螺溝は無い。体層から次体層にかけてやや角張る。フィリピンにもこの型がみられるが、変異なのか?
Last modified on 2016/05/25
BIBLIOGRAPHY
原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
50
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
93

HOME

Foot note : This page is bilingual : English / Japanese