Microshells
Species 学名 Tectarius pagodus Linnaeus, 1758
和名
Japanese name
Common name
ブットウタマキビ
BUTTOU-TAMAKIBI
Pagoda Prickly-winkle
ブットウタマキビ Tectarius pagodus
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
GASTROPODA PROSOBRANCHIA DISCOPODA
腹足綱 前鰓亜綱 盤足目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
LITTORINOIDEA LITTORINIDAE
タマキビ超科 タマキビガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Tectarius ()
()
COUNTRY
INDONESIA
インドネシア
LOCALITY
採集場所
Near Pamekasan, Madura Island, Indonesia. .In mangrove swamp. July 2001.
インドネシア マドゥラ島パメカサン近郊のマングローブ樹林 2001年7月
DISTRIBUTION
分布
S.W Pacific
南西太平洋域
HABITAT
生息場所
Intertidal rocks.
潮間帯の岩礁
DESCRIPTION
説明 (Japanese)

SH: up to 65mm
Tectarius属は暖海に分布します。その中でも結節列が特に発達して、ミャンマーのパゴダのように棘立って立派になります。 (鹿間図鑑 世界の貝 Vol.1 p.23 より)
Last modified on 2020/11/26
BIBLIOGRAPHY
原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
58
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑

HOME

Foot note : This page is bilingual : English / Japanese