ソウジョウイモ 僧正芋 Conus episcopatus small

Species 学名 Conus episcopatus da Motta, 1982
和名
Japanese name
Common name
ソウジョウイモ 僧正芋
SOUJO-IMO
Cones
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
NEOGASTROPODA
新腹足目
Group
グループ
イモガイ
Cones
Super Family / Family
科目
CONIDAE
イモガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Conus ()
()
COUNTRY
THAILAND/MALAYSIA
タイ/マレーシア
LOCALITY
採集場所
Pi-Pi Island, near Phuket. Diving 10-12m 3/2000 / Sulu Sea. Off Sandakan, north east of Borneo, Malaysia. On reefs in shallow water, 2018. / Dredged near western Jawa Island, Indonesia. 2016.
プーケット島近郊 ピピ島付近 ダイビング 10-12m深 3/2000 / マレーシア サンダカン近郊の沖合 スールー海 浅海のリーフ上 2018年 / インドネシア ジャワ島西部近海ドレッジ 2016年
DISTRIBUTION
分布
Kii Peninsula, Southern Kyushu and southward, Japan; Indo-Pacific.
紀伊半島と九州南岸以南; インド・太平洋域
HABITAT
生息場所
Sandy bottoms. subtidal to 20m deep.
潮下帯から20m深の砂底
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 64mm
アジロイモに似ますが、肩が狭く円筒状に近く、白色テント模様が縦帯状になる。模様が細かいformは、Conus episcopatus pupillaris da Motta, 1982。

原色日本貝類図鑑 37-97
続原色日本貝類図鑑 N
学研生物図鑑 貝 N
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物 323
原色世界貝類図鑑 1 N
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells 245
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS 2-205
日本近海産貝類図鑑 609
Last modified on 2024年07月04日04/07/2024