パラオオウム Nautilus belauensis small

Species 学名 Nautilus belauensis Saunders, 1981
和名
Japanese name
Common name
パラオオウム
PARAO-OUMU
Cephalopods
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
NAUTILOIDA
オウムガイ目
Group
グループ
オウムガイ
Cephalopods
Super Family / Family
科目
NAUTILIDAE
オウムガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Nautilus ()
オオムガイ ()
COUNTRY
INDONESIA
インドネシア
LOCALITY
採集場所
Nautilus trap fishing, in Sulawesi Island. Western Celebes Sea. February 2001./West of Rennel Island, East of Rossel Island, Louisiade Archipelago, Southeast of Papua New Guinea. Trawled by purse nets, about July 2004.
スラウェシ島のオウムガイ漁 セレベス海西部 2001年 2月/パプアニューギニア南東部 ルイジアード諸島 ロッセル島の東 Rennel Islandの西 サンゴ海とソロモン海の境目あたり トロール キンチャク網 2004年 7月頃
DISTRIBUTION
分布
PALAU
パラオ
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
パプアニューギニア産は、異様に丸く成長脈がくっきりとしてシワ状になっています。パラオ固有種で500m深程度の深海に生息。

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2023年03月19日19/03/2023