ムラサキアンボイナ Conus obscurus small

Species 学名 Conus obscurus Sowerby, 1833
和名
Japanese name
Common name
ムラサキアンボイナ
MURASAKI-AMBOINA
Cones
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
NEOGASTROPODA
新腹足目
Group
グループ
イモガイ
Cones
Super Family / Family
科目
CONIDAE
イモガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Conus (Gastridium)
(アンボイナ)
COUNTRY
GUAM
グアム
LOCALITY
採集場所
Balicasag Island, Province of Bohol , Philippines. 5-10m deep. February 2005.
グアム Orote Point ダイビング2m深 砂礫中 1985年6月 / フィリピン ボホール州バリカサグ島 5-10m深 2005年2月
DISTRIBUTION
分布

インド・太平洋域
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 30mm程
アンボイナに似るが、小型で肩に結節が全くなく、テント斑も無い。
アンボイナほどではないが、魚を殺す強い毒を持つ。

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells 247
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑 605
Last modified on 2023年01月21日21/01/2023