マレーマイマイ Amphidromus perversus small

Species 学名 Amphidromus perversus Linnaeus, 1758
和名
Japanese name
Common name
マレーマイマイ
MARE-MAIMAI
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
STYLOMMATOPHORA
柄眼(マイマイ)目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
CAMAENIDAE
ナンバンマイマイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Amphidromus ()
マレーマイマイ ()
COUNTRY
INDONESIA
インドネシア
LOCALITY
採集場所
Bari Island. Sanur, February 15, 1994./ Central Bari Island. Tabananm, Indonesia. In rainforest, April 2002. / Kramian Island, off southeern Borneo, Indonesia. In tropical rain forest. 2019.
インドネシアバリ島 Sanur 雨の降る深夜の樹上 1994年2月15日 / バリ島中部 熱帯雨林の中 2002年4月/ インドネシア ボルネオ島南沖 クラミアン島 熱帯雨林の木の上 2019年
DISTRIBUTION
分布
Sumatra; Bali
インドネシア スマトラ;バリ島
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
色彩の型によるフォームが沢山ある。クラミアン島のマレーマイマイはすべて、A. perversusの基本のformで、鮮やかな黄色の地色に黒褐色のタスキ模様が入り、殻口外唇外側裏にも少し黒褐色が入り、殻底付近が「ぼんやり白く」なります。またブトッティ(ミドリマレーマイマイ)のよりも縫合はくびれ、殻はやや薄い。

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物 N
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells N
Compendium of Landshells 160
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑 N
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024