ハシナガソデガイ 嘴長袖貝 Tibia fusus small

Species 学名 Tibia fusus (Linnaeus, 1767)
和名
Japanese name
Common name
ハシナガソデガイ 嘴長袖貝
HASHINAGA-SODEGAI
True Conchs
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
DISCOPODA
盤足目
Group
グループ
スイショウガイ
True Conchs
Super Family / Family
科目
STROMBIDAE
スイショウガイ(ソデボラ)科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Tibia ()
ハシナガソデガイ ()
COUNTRY
PHILIPPINES
フィリピン
LOCALITY
採集場所
Surigao, Philippines. Trawled 30-60m deep. In sand(3/1997)
フィリピン スリガオ トロール 30-60m深 砂底(3/1997)
DISTRIBUTION
分布
Taiwan to Indo-West Pacific.
台湾以南、インド・西太平洋域
HABITAT
生息場所
Sandy bottoms, 30-100m deep.
30-100m深の砂底
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
紡錘型で糸紡ぎ貝ともいわれ、フリル状の外唇と長い前水管が魅力的でコレクターに高い人気の貝です。

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物 110
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells 82
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年07月21日21/07/2024