シロアンボイナ Conus tulipa small

Species 学名 Conus tulipa (Linnaeus, 1758)
和名
Japanese name
Common name
シロアンボイナ
SHIRO-AMBOINA
Cones
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
NEOGASTROPODA
新腹足目
Group
グループ
イモガイ
Cones
Super Family / Family
科目
CONIDAE
イモガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Conus (Gastridium)
(アンボイナ)
COUNTRY
MARSHALL ISLANDS
マーシャル諸島
LOCALITY
採集場所
On reef, 5-10m deep.
5-10m深 リーフ上
DISTRIBUTION
分布
Hachijo Is. or Amami Is.,Japan; to Indo-Pacific.
八丈島・奄美諸島以南;インド・太平洋域
HABITAT
生息場所
Rocks, intertidal to 20m deep.
潮間帯-20m深の岩礁
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
5-8cm
アンボイナに似るが、アンボイナより小型で肩上の突起が殆ど無く、模様もアンボイナやタガヤサンミナシ類にある三角状の帆斑が無い。アンボイナ同様毒性が強いので危険。

原色日本貝類図鑑 37-98
続原色日本貝類図鑑 N
学研生物図鑑 貝 1-152
生物大図鑑 貝類 194
日本及び周辺地域産軟体動物 323
原色世界貝類図鑑 1 N
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells 247
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS 2-217
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2023年01月21日21/01/2023