Species 学名 Conus geographus Linnaeus, 1758
和名
Japanese name
Common name
アンボイナ
AMBOINA
Cones
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
NEOGASTROPODA
新腹足目
Group
グループ
イモガイ
Cones
Super Family / Family
科目
CONIDAE
イモガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Conus (Gastridium)
(アンボイナ)
COUNTRY
PHILIPPINES
フィリピン
LOCALITY
採集場所
Dar es Salaam, Tanzania. Intertidal zone.
フィリピン/ タンザニア ダルエスサラーム 潮間帯
DISTRIBUTION
分布
Izu Is. or Kii-peninsula, Japan; to Indo-Pacific.
伊豆諸島・紀伊半島以南;インド・太平洋域
HABITAT
生息場所
In sand, intertidal among rocks.
潮間帯の岩礁間の砂中
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
8-13cm
別名ハブガイまたは殺人貝(killer snail)ともいい、インドネシアのAmbon島にちなむ。イモガイ類は銛(モリ)のようなかたちの歯舌(しぜつ)をもち、特にアンボイナは人も呼吸障害になる猛毒をもち、致死率も高い。他にタガヤサンミナシの刺毒による死亡例も報告されて

原色日本貝類図鑑 37-98
続原色日本貝類図鑑 N
学研生物図鑑 貝 1-152
生物大図鑑 貝類 194
日本及び周辺地域産軟体動物 323
原色世界貝類図鑑 1 N
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells 247
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS 2-207
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2022年11月27日27/11/2022