ダルマサラサバテイラ (タカセガイ) Tectus niloticus small

Species 学名 Tectus niloticus (Linnaeus,1767)
和名
Japanese name
Common name
ダルマサラサバテイラ (タカセガイ)
DARUMA-SARASABATEIRA(TAKASE-GAI)
Top Shells
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
VETIGASTROPODA
古腹足目
Group
グループ
ニシキウズガイ
Top Shells
Super Family / Family
科目
TROCHIDAE
ニシキウズガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Tectus (Rochia)
ギンタカハマ ()
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
Amami-Oshima-Is., Kagoshima. 20-30m.
鹿児島県奄美大島、スキューバ20-30m
DISTRIBUTION
分布
Southern Amami islands,Japan; Tropical West Pacific.
奄美諸島以南の熱帯西太平洋域
HABITAT
生息場所
Subtidal reefs to 20m
下帯の裾礁
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
別名:オオサラサバテイ
サラサバテイ(タカセガイ)の老成した型で、体層周縁が膨らむ。貝ボタン細工に使われる。 現在ではボタンの材料は安価のプラスチック製が主流だが、本物の高級貝 ボタンとしての需要がある。
Used for making buttons.
原色日本貝類図鑑 18
続原色日本貝類図鑑 N
学研生物図鑑 貝 Jan-51
生物大図鑑 貝類 50
日本及び周辺地域産軟体動物 41
原色世界貝類図鑑 1 N
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells 45
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS Jan-90
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年01月07日07/01/2024