タイワンタマキビ Nodilittorina vidua small

Species 学名 Nodilittorina vidua (Gould,1859)
和名
Japanese name
Common name
タイワンタマキビ
TAIWAN-TAMAKIBI sp.
Winkles
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
DISCOPODA
盤足目
Group
グループ
タマキビガイ
Winkles
Super Family / Family
科目
LITTORINIDAE
タマキビガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Nodilittorina ()
イボタマキビ ()
COUNTRY
SINGAPORE
シンガポール
LOCALITY
採集場所
Labrador Park.
Labrador 公園
DISTRIBUTION
分布
Miura Peninsula and Mishima Island and southward in Japan; South East Asia; Philippines.
三浦半島、見島以南; 東南アジア; フィリピン
HABITAT
生息場所
On rocks in splash zone.
岩礁の飛沫帯
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
SH: 10mm
= マルアラレタマキビ
On vertical pillar at low tide.
原色日本貝類図鑑 N
続原色日本貝類図鑑 N
学研生物図鑑 貝 N
生物大図鑑 貝類 N
日本及び周辺地域産軟体動物 73
原色世界貝類図鑑 1 N
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells N
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑 141
Last modified on 2024年01月07日07/01/2024