ウシノツノガイ Terebra areolata small

Species 学名 Terebra areolata (Link, 1807 in 1806-08)
和名
Japanese name
Common name
ウシノツノガイ
USHINOTSUNO-GAI
Auger Shells
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
NEOGASTROPODA
新腹足目
Group
グループ
タケノコガイ
Auger Shells
Super Family / Family
科目
TEREBRIDAE
タケノコガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Terebra ()
()
COUNTRY
PHILIPPINES
フィリピン
LOCALITY
採集場所
Near Kuching, Sarawak, Malaysia. Shallow water on reefs. 2013.
マレーシア サラワク州クチン近郊の浅海リーフ上 2013年
DISTRIBUTION
分布
Kii Peninsula, Japan, to Indo-Pacific.
紀伊半島以南、インド太平洋域
HABITAT
生息場所
Intertidal to 20m, sundy bottoms.
潮間帯-20m 砂底
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 111mm from Malaysia
=muscaria Linnaeus ウシノツノタケ
殻は厚く膨れない。斑は体層に4列、他の層に3列ある。

原色日本貝類図鑑 38-101
続原色日本貝類図鑑 N
学研生物図鑑 貝 N
生物大図鑑 貝類 201
日本及び周辺地域産軟体動物 337
原色世界貝類図鑑 1 N
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells 273
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年07月21日21/07/2024