オオシイノミガイ Acteon siebaldii small

Species 学名 Acteon siebaldii (Reeve, 1842)
和名
Japanese name
Common name
オオシイノミガイ
OH-SHIINOMI-GAI
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
CEPHALASPIDEA
頭楯(ブドウガイ)目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
ACTEONIDAE
オオシイノミガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Acteon ()
オオシイノミ ()
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
Ensyu Sea / Yawata, Tateyama City, Chiba. At low tide in March 2010.
遠州灘/千葉県館山市八幡 干潮時2010年3月
DISTRIBUTION
分布
Central Honshu to Kyushu, Japan.
本州中部以南から九州
HABITAT
生息場所
sandy bottoms
砂底
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 13mm 白い殻の色に暗褐色の色帯をめぐらす。色帯は縫合のすぐ下が濃く、段だん薄くなる。

原色日本貝類図鑑 N
続原色日本貝類図鑑 42-87
学研生物図鑑 貝 N
生物大図鑑 貝類 209
日本及び周辺地域産軟体動物 393
原色世界貝類図鑑 1 N
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2023年01月21日21/01/2023