アカザラガイ 赤皿貝 Chlamys farreri akazara small

Species 学名 Chlamys farreri akazara (Kuroda, 1932)
和名
Japanese name
Common name
アカザラガイ 赤皿貝
AKAZARAGAI
Scallops
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
PTERIOIDA
ウグイスガイ目
Group
グループ
イタヤガイ
Scallops
Super Family / Family
科目
PECTINIDAE
イタヤガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Chlamys (Azumapecten)
カミオニシキ (アズマニシキ)
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
Oku-Matsushima, Miyagi / Russia; Near Vladivostok at low tide, July 2003./Fishing Port Soma, Fukushima, 2-5m deep, June 2005. / Cape Inubou, Choshi, Chiba. At low tide, May 2006.
宮城県奥松島 / ロシア; ウラジオストク近郊 干潮時 2003年 7月/福島県相馬市相馬漁港2-5m深 2005年6月/千葉県銚子市犬吠埼
DISTRIBUTION
分布
Touhoku-Region to southern Hokkaido, Japan.
東北地方から北海道南部
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
千葉県 Chiba Length 53mm
アズマニシキガイの東北以北型。
福島県 SL 78mm
North type of Chlamys farreri (Jones et Preston).
原色日本貝類図鑑 N
続原色日本貝類図鑑 N
学研生物図鑑 貝 Feb-92
生物大図鑑 貝類 293
日本及び周辺地域産軟体動物 574
原色世界貝類図鑑 1 123
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells 313
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑 899
Last modified on 2024年01月07日07/01/2024