アジロイモ Conus pennaceus small

Species 学名 Conus pennaceus Born, 1778
和名
Japanese name
Common name
アジロイモ
AJIRO-IMO
Cones
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
NEOGASTROPODA
新腹足目
Group
グループ
イモガイ
Cones
Super Family / Family
科目
CONIDAE
イモガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Conus (Darioconus)
(アジロイモ)
COUNTRY
PHILIPPINES/MOZAMBIQUE
フィリピン/モザンビーク
LOCALITY
採集場所
Palawan Island./Nacala Bay, Mozambique. Diving at the depth of 1-3m in June 1988.Mozambique form Maputo, Mozambique. at low tide, May 2000. / Reunion Island. Diving10m deep. 2016.
パラワン島浅瀬の砂泥上/モザンビーク ナカラ湾 ダイビング1-3m 1988年 6月/モザンビーク マプート 干潮時 2000年5月/ レユニオン ダイビング 10m深 2016年
DISTRIBUTION
分布
South west Kyushu, Japan to Indo-Pacific.
九州南西部以南、インド・太平洋域
HABITAT
生息場所
Intertidal to 20m in sand.
潮間帯-20mの砂底
DESCRIPTION
説明 (Japanese)

= Conus pennaceus forma behelokensis Lauer, 1989
Beheloka form (Madagascar)
原色日本貝類図鑑 N
続原色日本貝類図鑑 N
学研生物図鑑 貝 N
生物大図鑑 貝類 196
日本及び周辺地域産軟体動物 323
原色世界貝類図鑑 1 N
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells 245
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS 2-212
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2023年01月21日21/01/2023