ミタマキガイ 御玉置貝 Glycymeris imperialis small

Species 学名 Glycymeris imperialis Kuroda,1934
和名
Japanese name
Common name
ミタマキガイ 御玉置貝
MITAMAKI-GAI
Bittersweet Clams
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
(FILIBRANCHIA)
フネガイ目
Group
グループ
タマキガイ
Bittersweet Clams
Super Family / Family
科目
GLYCYMERIDIDAE
タマキガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Glycymeris ()
タマキガイ ()
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
Off Mikawa-Ishiki, Aichi.
愛知県三河一色沖
DISTRIBUTION
分布
Off Sanriku region to Ohita.
三陸沖から大分県
HABITAT
生息場所
Sandy mud bottoms, 15-50m deep.
15-50m深の砂泥底
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
SL: 25mm
タマキガイに似るが小型。殻頂にかけて山形模様がある。相模貝類同好会の会報誌の名前になっている。種名は昭和天皇に由来。貝の和名 p. 83


原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝 2-75
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物 555
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells N
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑 859
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024