ウィルマンミミズガイ (仮称) Tenagodus wilmanae small

Species 学名 Tenagodus wilmanae (Tomlin, 1918)
和名
Japanese name
Common name
ウィルマンミミズガイ (仮称)
WIRUMAN-MIMIZU-GAI
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
DISCOPODA
盤足目
Group
グループ

Super Family / Family
科目
SILIQUARIIDAE
ミミズガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Tenagodus ()
()
COUNTRY
South Africa
南アフリカ
LOCALITY
採集場所
East London, East Cape province, South Africa.
南アフリカ 東ケープ州イースト・ロンドン
DISTRIBUTION
分布
SE of South Africa.
南アフリカ南東部
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Length 11mm
螺塔は高く、 細かい成長脈がありスリットは狭い。 殻色は茶色が紫がかった茶色、または白。
Marine Shells of South Africa #115 p.34,35
原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024