オオイトカケ Epitonium scalare small

Species 学名 Epitonium scalare (Linnaeus, 1758)
和名
Japanese name
Common name
オオイトカケ
OH-ITOKAKE
Wentletraps
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
PTENOGLOSSA
翼舌目
Group
グループ
イトカケガイ
Wentletraps
Super Family / Family
科目
EPITONIIDAE
イトカケガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Epitonium ()
オオイトカケ ()
COUNTRY
TAIWAN
台湾
LOCALITY
採集場所
Kaohsiung./West of Mili, Sarawak, Borneo, Malaysia. Diving at the depth of 10-15m, near sea anemones, October 2004.
高雄/マレーシア ボルネオ島サラワク州ミリの西 ダイビング10-15m深 イソギンチャクの近く 2004年10月
DISTRIBUTION
分布
Southern half of Japan, to Indo-W.Pacific.
本州中部以南、インド・西太平洋域
HABITAT
生息場所
20-50m in clear sand.
20-50m細砂底
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
SH 56mm w/o
イトカケ(糸掛)とは、殻表の縦肋が殻頂から体層にまるで糸をかけているように見えるので名付けられた。優美な姿で収集家に人気が高い。

原色日本貝類図鑑 13-32
続原色日本貝類図鑑 N
学研生物図鑑 貝 1-156
生物大図鑑 貝類 N
日本及び周辺地域産軟体動物 345
原色世界貝類図鑑 1 N
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells 68
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑 329
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024