マダライモ Conus ebraeus small

Species 学名 Conus ebraeus Linnaeus, 1758
和名
Japanese name
Common name
マダライモ
MADARA-IMO
Cones
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
NEOGASTROPODA
新腹足目
Group
グループ
イモガイ
Cones
Super Family / Family
科目
CONIDAE
イモガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Conus (Virroconus)
(マダライモ)
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
Okinawa. /Ankyaba, Amami-Ohshima Island at low tide. July 1973.
沖縄 / 鹿児島県奄美大島安脚馬 干潮時1973年7月
DISTRIBUTION
分布
Southern half of Japan, to Indo-Pacific. and Central American coast.
本州中部以南、インド・太平洋域・中央アメリカ西岸
HABITAT
生息場所
Intertidal to 20m on rocks and corals.
潮間帯-20m, 岩礁や珊瑚礁
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 35mm
日本の分類では、マダライモ属(Virroconus) の、Virroconus ebraeus (Linnaeus, 1758)

According to Japanese taxonomy, Virroconus ebraeus (Linnaeus, 1758)

原色日本貝類図鑑 93
続原色日本貝類図鑑 N
学研生物図鑑 貝 1-149
生物大図鑑 貝類 187
日本及び周辺地域産軟体動物 316
原色世界貝類図鑑 1 N
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells 260
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS 2-205
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2023年01月21日21/01/2023