ミナミリュウグウボタル (仮称) Amalda australis small

Species 学名 Amalda australis (G. B. Sowerby I, 1830)
和名
Japanese name
Common name
ミナミリュウグウボタル (仮称)
MINAMI-RYUGU-BOTARU
Ancillas
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
NEOGASTROPODA
新腹足目
Group
グループ
ホタルガイ
Ancillas
Super Family / Family
科目
OLIVIDAE
マクラガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Amalda (Baryspira)
(リュウグウボタル)
COUNTRY
NEW ZEALAND
ニュージーランド
LOCALITY
採集場所
Intertidal Walkanae Beach, Kapiti Coast, New Zealand.
ニュージーランド北島カピティ コースト地区ワイカナエビーチ潮間帯
DISTRIBUTION
分布
New Zealand
ニュージーランド
HABITAT
生息場所
Sandy bottoms, lowtidal to 20m deep.
低潮帯-20m深の砂底
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 35mm
ニュージーランド固有種 Endemic species of New Zealand.

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024