ウミアサガイ 海麻貝 Epicodakia delicatula small

Species 学名 Epicodakia delicatula (Pilsbry, 1904)
和名
Japanese name
Common name
ウミアサガイ 海麻貝
UMIASA
Lucine Clams
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
VENEROIDA
マルスダレガイ目
Group
グループ
ツキガイ
Lucine Clams
Super Family / Family
科目
LUCINIDAE
ツキガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Epicodakia ()
ヒメツキガイ ()
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
Kotoga and Kotobiki beach
島根県琴ケ浜 と 京都府琴引浜
DISTRIBUTION
分布
Southern half of Japan; S.E. Asia.
本州中部以南から東南アジア
HABITAT
生息場所
Intertidal to 20m in sand.
潮間帯-20m, 砂底
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Length 72mm


原色日本貝類図鑑 53-133
続原色日本貝類図鑑 56-125
学研生物図鑑 貝 2-114
生物大図鑑 貝類 302
日本及び周辺地域産軟体動物 594
原色世界貝類図鑑 1 325
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells N
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑 929
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024