フイリノシガイ Engina fusiformis small

Species 学名 Engina fusiformis Pease, 1865
和名
Japanese name
Common name
フイリノシガイ
FUIRI-NOSHI-GAI
Enginas
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
NEOGASTROPODA
新腹足目
Group
グループ
ノシガイ
Enginas
Super Family / Family
科目
BUCCINIDAE
エゾバイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Engina ()
()
COUNTRY
Philippines/JAPAN
フィリピン/日本
LOCALITY
採集場所
Bohol Island, Philippines./Tsuchihama Beach, Amami-Oshima Island, Kagoshima.
フィリピン ボホール島/鹿児島県奄美大島笠利町土浜
DISTRIBUTION
分布
Philippines, Western Pacific.
フィリピン、西太平洋
HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
SH: 7mm
ゴマダラノシガイに似るが、螺塔の層が膨れず、全体的にひし形で、堅牢な白地の殻に、縫合下の白い螺肋上にところどころに茶色い顆粒があり、その下に規則的な茶色い2列の顆粒がある。顆粒の間は低い螺肋が続く。体層部の茶色い顆粒列の下は白い顆粒列になる。
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS Vol.2 p.52 pl.321 #13-14
原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024