コガタカドバリコトツブ (仮称) Mangelia sp. small

Species 学名 Mangelia sp.
和名
Japanese name
Common name
コガタカドバリコトツブ (仮称)
CHAOBI-ITOKAKE-KOTOTSUBU
Turrids
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
NEOGASTROPODA
新腹足目
Group
グループ
クダマキガイ
Turrids
Super Family / Family
科目
TURRIDAE
クダマキガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Mangelia ()
()
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
Off Cape Daiohzaki, Mie. 1970's
三重県大王崎沖 1970年代
DISTRIBUTION
分布

HABITAT
生息場所

DESCRIPTION
説明 (Japanese)
Height 7mm
殻は透明感のあるやや堅牢で8層ほど。やや強くうねる縦肋と、細かい螺肋を巡らす。縦肋上の各層の周縁上で、顆粒が出るのが特徴。殻色は白色で、不明瞭な?茶色の小斑が、殻口付近や肩部にある。未詳 同じサイズだと、マダガスカルのMangelia forcellii7mm があるが、体層部が角張らず、水管部が太い。

原色日本貝類図鑑
続原色日本貝類図鑑
学研生物図鑑 貝
生物大図鑑 貝類
日本及び周辺地域産軟体動物 N
原色世界貝類図鑑 1
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells
Compendium of Landshells
Australian MARINE SHELLS
日本近海産貝類図鑑 N
Last modified on 2024年03月04日04/03/2024