チグサガイ 千種貝 Cantharidus japonicus small

Species 学名 Cantharidus japonicus (A.Adams, 1853)
和名
Japanese name
Common name
チグサガイ 千種貝
CHIGUSAGAI
Top Shells
Class Subclass Order
綱 亜綱 目
VETIGASTROPODA
古腹足目
Group
グループ
ニシキウズガイ
Top Shells
Super Family / Family
科目
TROCHIDAE
ニシキウズガイ科
Genus(Subgenus)
属 (亜属)
Cantharidus ()
チグサガイ ()
COUNTRY
JAPAN
日本
LOCALITY
採集場所
Kotoga and Kotobiki beach / Masuhogaura Beach, Togi Town, Ishikawa. Beached in May 2003. / Inami, Hidaka-Gun, Wakayama. January 1972.
島根県琴ケ浜 / 石川県富来町増穂が浦 打ち上げ 2003年5月 / 和歌山県日高郡印南町 1972年1月
DISTRIBUTION
分布
Southern Hokkaido & southward to Kyushu, Japan.
北海道南部から九州
HABITAT
生息場所
Intertidal to subtidal on seaweeds.
潮間帯から潮下部の海藻上
DESCRIPTION
説明 (Japanese)
SH: 17mm
螺塔は高い円錐形,殻頂は尖り螺層ふくらまず。表面は平滑だが往々縫合・下に一肋を巻き底面には螺状脈がある。殻口内は真珠状光沢が輝きヘソ麹Eは内唇滑層に覆われるが時には間隙的に開く。色は種々変異がある。

原色日本貝類図鑑 40372
続原色日本貝類図鑑 N
学研生物図鑑 貝 47
生物大図鑑 貝類 49
日本及び周辺地域産軟体動物 39
原色世界貝類図鑑 1 N
原色世界貝類図鑑 2
Compendium of Seashells 35
Compendium of Landshells N
Australian MARINE SHELLS N
日本近海産貝類図鑑 67
Last modified on 2024年05月15日15/05/2024